非常勤講師として生きる

昭和生まれの非常勤講師&教材ライター&主婦の日常を語ります。

私立学校 非常勤講師の契約更新(私の場合)

非常勤講師は基本一年契約

今年もあと残すところあと2日となった。

今年も勤務校にて来年度の契約更新の確約を得た。

これで安心して年を越せる。

非常勤講師は一年契約なので、不安定な雇用形態である。

ただ、私立学校では何事もなければ来年度も継続して採用されることが多いイメージだ。

何事とは・・・

①大幅に生徒数の減少が見込まれる。

②新たに専任や常勤の採用が決まったため、非常勤講師を雇う必要がなくなった。

③講師と学校との相性が悪い(まあ、いろいろと)。

などが多いようだ。

 

来年度の話はいつ頃くる?

私が働いたことがある学校は大阪府と兵庫県の学校なのだが、どこも同じ感じである。

来年度の話は10月末~12月中旬頃といった感じだった。

来年度の契約がない人が先に呼ばれて、その後契約ありの人を呼ぶというパターンだった。

ちなみに、私は今まで三つの学校に勤務し、退職する際は一応自己都合(引っ越し・転職)であった。

来年度の契約更新をしないと決めている場合は、決めた時点で早めに管理職に言うようにしている。

 

来年度の話が年内にない場合は?

二学期が終了するのに管理職から何の話もないという場合、周りの講師に聞いてみたり、勇気を出して管理職に聞いてみるのもありかと思う。

私の友人は二学期中に来年度の話がなく、三学期に入って管理職に聞いたところ、「来年も来てもらうつもりやから言わなくてもいいかなと思ってた。」と言われたらしい。

規模の小さい学校ではあるあるなのかもしれない。

 

追記

上記の話は直接雇用の場合である。

私は派遣という形で勤務したことはないので、派遣の契約更新についてはあまり詳しく知らない。

また情報を得たら追記します。